抗がん漢方「天仙液」とは

天仙液(てんせんえき)は、6,000種類以上あるといわれる漢方生薬の中から、漢方理論、医学・科学理論に基づいて長年にわたり研究を重ね、20種類以上の貴重な漢方生薬を厳選して、最新科学技術によって配合、処方して開発された改良、進化を続ける医薬品の抗がん漢方薬です。
天仙液(てんせんえき)は、世界各国で医薬品または漢方サプリメントとして、中国、香港はもとより、欧米、オーストラリア、東南アジアなど多くの国で認可され、広く使用されています。

中国、香港では医薬品、オーストラリアではTGA(薬物管理局)から認可を受けた医薬品、タイでは厚生省食品医薬品局から許可を受けた医薬品、アメリカではFDA(アメリカ食品医薬品局)から認可を受けた漢方デイリーサプリメント、台湾では衛生省から認可を受けたサプリメントというように、多くの国で使用されているのです。

 

品質管理においては、その配合生薬をもとに香港で製品化され、世界的に権威のある厳格な検査機関の香港SGS(スイスに本部を置く世界最大級の検査及び審査登録機関)によって、毒性検査などの品質チェックがなされており、国際的に最高レベルの品質管理を行っています。その厳しい品質検査を経た配合生薬を、香港の製薬会社・中日飛達聯合有限公司の最新工場で一つ一つ製品化されているのです。